FC2ブログ

怪奇現象 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > カテゴリー - 怪奇現象

ネネコ その1

この話を怪奇現象に分類すると彼女に怒られそうなんですが(笑)
私が体験した中では一番思い出深い不思議体験です。

「彼女」とはタイトルのネネコのこと。
私が溺愛していた、5年ほど前に亡くなった愛猫です。
実際にネネコと呼ばれることはほぼなく、大抵ネネという愛称で呼ばれていました。

この話を語る上ではどうしても私と彼女の関係は詳細に説明せねばならないので、
数回に分けて投稿しようかと思います。
内容の大半は不思議な体験ではなく、思い出話になってしまうのですが。
人生の中で、ネネと共に過ごしたという証を文章にして残しておきたいという思惑もあります。


今から23~24年前でしょうか。当時の私はまだ10歳の少年でした。
家でペットを飼おうという話になり、うろ覚えですが確か親戚からもらって
家にやってきたのがネネです。
当時生後半年ほどだと聞いていましたが生来のものなのか、
非常に憶病な性格で我が家へ来た初日は、ブルブル震えながらテーブルの下に
ずっと隠れていた姿をよく覚えています。

時が経つにつれ少しずつ打ち解けていきましたが、
抱き上げられるのを嫌がり、どこかツンとしてお高くとまっているような、
不思議な雰囲気を持った子でした。
毛並みが美しく、アメリカンショートヘアと間違える人が多かったですね。
種類を聞かれ、雑種だよと答えると皆驚いていました。

優れた容姿を持ちながらも人間嫌いなのか、
周りから愛されながらも彼女との間にはどこか、溝があるような感じでした。




時が経ち、私が高校に進学した頃。
祖父が亡くなり、いわゆる「骨肉の争い」というやつが発生しました。
身勝手な大人たちに振り回され、相当荒んでいたのを思い出します。
日々荒れていく私の側にいつからか、人間とは距離を取りたがるはずの
ネネがいつも、ちょこんといることに気が付いたのです。

「励ましてくれているんだろうか・・・」

住み慣れた家を捨て、無理矢理(同じ敷地内ではあるのですが)引っ越しさせられた、
毎日のように大人たちの口論を耳にし、時に巻き込まれ・・・
でも誰も自分の辛さを理解してくれない。
言いようのない孤独の中で、彼女だけが手を差し伸べてくれていたように感じました。


つづく
スポンサーサイト
[ 2018/06/20 22:36 ] 怪奇現象 | トラックバック(-) | コメント(-)

閉められたカーテンの向こう

これはまだ私が大学生だった頃の話。


日本有数の都市の名がキャンパス名に冠せられながら、その街からは
電車で一時間ほどの位置にある我が母校。
辺りは山と田圃ばかりという田舎で、私が一人暮らしで住んでいたアパートもまた、
田園地帯の中にある小高い丘の上にありました。

(余談ですが、近年校舎が移転され、我が母校は本当にその都市の中心部へ行ってしまいました。
 羨ましい・・・。我が学び舎は山の上にあったのですが取り壊されてしまい、
 もう無くなってしまったそうです)


時は夏。
煩わしかったレポートの作成やテストが終わり、あと数日もすれば念願の夏休み。
打ち上げだと言わんばかりに私は大量のお肉とお酒を買ってきて一人、酒盛りをしていました。
重圧から解放され、大好きな肉料理とお酒に囲まれ、好きな音楽をかけながらの一人酒。
騒がしい酒の席が苦手、一人マイペースで飲むのが好きなのでお酒が進む進む。
気心知れた仲間同士ならともかく大学のゼミだの、今なら会社の飲み会だの、
そういうのは死ぬほど嫌いです。

それはさておき。

いつしか酔い潰れて寝てしまっていたようです。
ふと目を覚まし、時計に目をやると時刻は午前2時を少し過ぎたところ。
ああ・・・飲みすぎて寝ちゃったんだ、歯だけ磨いて寝直そう、と体を起こします。
そこで初めて、私は異変に気が付きました。

開いていない筈の部屋の窓もカーテンも全開だったのです。

アパートの位置もあり、近辺は蚊や小さい羽虫が非常に多い一帯です。
電気代節約のために冷房はめったにつけませんが、
虫の侵入を阻むために18時にもなればいつも、窓は網戸のみでカーテンを閉めます。
飲みだしたのは19時頃で既にカーテンを閉めていたのははっきりと覚えているんですよ。
それがどうしたことか、網戸も全開で部屋はすっかり虫だらけ。
部屋に入り込む生ぬるい風と共に揺られるカーテンが、何とも不気味だったのを覚えています。

とはいえ、その時点ではおかしいな?酔って開けちゃったのかな?ぐらいにしか思わず、
網戸とカーテンを閉め直して歯を磨くため、バスルームへ向かいました。


そこで恐怖のどん底へ突き落されることになるとも知らず・・・。



アパートに住んだことがある方なら分かるでしょうが、
大抵トイレとバスタブが狭い部屋内に一緒にありますよね。
で、水が飛散しないようにバスタブには仕切りのシャワーカーテンが設けられています。

そのシャワーカーテンが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閉まっているんです。
お酒を飲みだす前に既にシャワーは浴びていました。
飲み始めた後もバスルームへは一度も行っていません。

酔い潰れたとはいえ記憶が無くなるほどではなかったし、
自分で閉めている筈が無いんです。
もし用を足しに入っていたとしても、わざわざシャワーカーテンだけを閉めるんだなんて、
そんなおかしなことをするでしょうか?

大学生ともなればお酒が付きまとうものですが、
この時以上に飲んでも性格が変わったとか、
奇行に走ったという話は周りから聞いたことがありません。
お酒に強く、酔っても性格が全く変わらないことで知られていました。
だから・・・絶対、自分でこんなことをしたはずがない・・・。


ふと、カーテンの向こうに”何か”の気配を感じました。
誰か・・・・・・・・・・・いる。
仕切られて見えていなくても、感覚的に確かに、そこには何かがいます。

数秒か数分か。固まった後に恐る恐る手を伸ばし、一気にカーテンを開けました。
喉の奥から飛び出てきそうなほど心臓が脈打ち、
体を震わせながらカーテンに手を伸ばしたその瞬間は今でも覚えています。





・・・・・・・・・が当然、そこには誰もいませんでした。
世に出回る怪談ならば血まみれの幽霊がいたりするんでしょうけれども。


はい。話はここで終わりです。

この後何か不幸に見舞われたというわけでもなく、
日常的に怪奇現象が起こり始めたわけでもなく、これっきりです。


周りにこの話をしてみても、
「酔って自分でやったんでしょー?」と笑い飛ばす人がいる一方、
「いやいや、一緒に飲んだことあるでしょ?いくら飲んでも酔わないような奴だよ!?」
とフォローしてくれる人も。

さて・・・真相は一体?


オチ無しで申し訳ないんですけども、自分が体験した怪奇現象というものがこれだから、
世に出回る怪談は嘘臭いなぁって思うわけです。

こういう・・・ヤマもオチも無い怪談にこそ真実味があるとか思いません?(笑)
ちなみにこの話は断じて作り話ではない!ということだけは声を大にして主張します。

あ、ちなみにこれ書きながら類似した話は無いかと思い色んな怪談見てたんですけど、
角部屋って幽霊が集まるらしいですよ。そういえば二階の角部屋だったなーと。
通りすがりのお化けでも来たんでしょうか・・・?

[ 2018/06/15 21:08 ] 怪奇現象 | トラックバック(-) | コメント(-)

幽霊熱、再燃

先日、親友が我が県へ遊びに来ました。
生まれも育ちも北海道という生粋の道産子である彼女ですが、
私がよく人生相談などでお世話になったお医者様と結婚、近くの県へ嫁いできたのです。

名所をあちこち車で案内してあげたのですが、そのルートに結構、
地元で有名な心霊スポットがあったんですね。
で、側を通るたびに「ここではこんな噂が~」、「ここはこういう話が~」なんて説明しました。

そんな話をしているうちにですね・・・実は私、小さい頃は怪談が大好きでして、
長らく遠ざかっていましたけど怪談熱が再燃しちゃったわけですよ。
なので、数はそんなにないんですけど自分が遭遇した怪奇現象、
不思議な体験を文字に起こして残すのも悪くないなと思い、このカテゴリを作成してみた次第です。



皆様は幽霊って信じていますでしょうか?

私は信じています・・・というか、いてほしいと願っています。
科学で解明できないものがあった方が楽しいじゃん?ロマンを感じるし。
という実に下らない理由なんですけど。

ちなみに怖い話が大好きで幽霊も信じていますけど、
よくお話に出てくるような、幽霊から手紙が届いただとか、会話したとか襲われただとか、
そういうのは一切信じてません。お互い、物理的な干渉はできないのではないかというのが、
私の意見です。


前置きが長くなってしまったので、とりあえず今回はここまで。
次回から自身が体験した不可思議な経験を綴っていきます。
とはいえ、せいぜい3~4かな?ぐらいしかないので、息の短いコンテンツになることでしょう。

ではまた。
[ 2018/06/14 19:19 ] 怪奇現象 | トラックバック(-) | コメント(-)