FC2ブログ

Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > アーカイブ - 2018年05月

政治が腐りきってる

過労で身内を亡くした方々の悲痛な叫びも空しく、
恥知らずな政治屋どもは”働かせ方改悪”を強行採決しましたか。

極論ではありますが、24時間休憩なしで働かせても合法、
世の中からはこれで過労死は無くなるってわけです。
死んでも自然死や病死、自己責任扱いされる世の中になったというわけですね。

そもそも過労死ラインが月の残業80時間だと言われているのに、
見直されたその上限が100時間って時点でおかしいですよね。

この問題に象徴されるように人権や人命は軽視され、
税金は世界でもトップクラスに高いのに福祉はお粗末。
子供の貧困化が深刻化して子ども食堂なんてものが有志で運営されているのに、政治屋は素知らぬ顔。
インフラの老朽化も放置されがち(道路がひび割れだらけでガタガタだったり)。

先進国を名乗っていますが、この国は本当に先進国なのか?と疑問に思います。

私が過労で殺されかけた時は、こういう自分の苦しみとかが積み重なってどんどん良くなっていくさ・・・
と思っていましたが青かったですね。まさか更に改悪してくるとは。

いずれにせよこのような法案が通った以上、
自分一人で独立して生きていく術を身に着けるか、海外移住するかでもしないと、
これからの若い世代は普通に生きていくことすら、困難な時代になってきているのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/26 22:12 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

迷惑極まりない

コツコツとAmazonへの商品登録を進めています。
CSVファイルを使っての一括登録→無在庫販売がお奨めだそうですが、
まずは自分の手元にある商品をちまちま登録しています。
これが終われば一括登録にも挑戦していくつもりです。


さて、商品登録の際にEAN(JAN)コード・・・バーコードの上に並んでいる数字ですね。
これの入力を求められるんですよ。で、商品登録時に
「ASINコード」というAmazon独自の識別コードに変換され販売商品として登録されるわけですが、
このEANコードを適当に入力して登録している、悪質なセラーがいるそうなんですね。

私が入力したEANコードと、既に誰かが入力したEANコードが一致した場合、
そのEANはこのASIN(商品)として既に登録されてますよっと情報が出てくるわけですが、
結構な頻度で全く違う商品の情報が出てきます。

車用のスマホホルダーを二種類登録しようとしたのですが、
一方はダンジョンなんちゃら?という何だかよく分からないアニメの女の子が描かれた色紙だかポスター。
もう一方はデジモンのキーホルダー。何かの景品っぽいです。

Amazonでは申請しないとバーコードの無い商品の販売はできない仕組みになっています。
上記二つは見たところバーコードが無さそうな商品でした。
いちいち申請するの面倒くさいし適当な数字入力したれ→私の商品のコードと見事に被っていた
・・・って感じでしょうか。
世の中膨大な数のコードが存在しますので、Amazon側も書式さえ間違っていなければ
いちいち確認はしないそうなんですね。

そして写真などの基本データは最初に登録した人しか変更できません。
まあ、誰でも変更できたら他のセラーへの嫌がらせがし放題ですからね。分かります。


こういう場合は勿論、サポートセンターへ訴え出れば情報は訂正してくれるそうです。
けれども余分な労力がかかりますし、メールして返事待ってアップデート待って・・・
って時間もかかりますよね。ほんっと、いい迷惑です。

マナーやルールはしっかり守って、節度ある商売を心掛けて頂きたいものです。
関連記事
[ 2018/05/22 20:58 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

迷惑な赤字販売

さて、先日セラーアカウントの取得も無事に完了したことで
遂に「これだ」と思う商品を登録し始めたのですが・・・

ライバルがおらず収益が見込めそうな物も結構あるのですが、
いくつかは悲惨な商品もありますね。
競争相手が多いことには何も文句はありません。
問題は一部のセラーが設定しているトンデモな価格です。

定価よりも安い上、そもそもその値段設定じゃ送料の方が高くなるし、
そこから更に自分のお金になる前に手数料が引かれるんだけど、
何考えてそんな値段設定してるの?

ってものをたまに見かけます。
いえ、在庫整理だとか何かしら思惑はあるんでしょうけれど、
こういうのって結局、市場破壊して自分で自分の首を絞めてるだけだと思うんですよね。
他のセラーがつられて、我も我もと値下げ合戦を始めてしまえばどうなるか・・・
考えずとも分かりますよね。


過当な価格競争の末、日本は随分歪な社会になってしまいましたが、
他国を相手にしたネット販売でまで同じ道を辿ってほしくはないものです。







関連記事
[ 2018/05/20 15:56 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

ようやく登録終了

Amazonでのセラー登録なのですが、
あとはクレジットカードを登録して身分証明書を提出して登録完了、
というところで数日間躓いておりました。

クレジットカードの登録を試みたところ、何度試してもエラーになるんですよ。
Amazon側から送られてくるメールには引き落としができない理由として、

・住所や番号、名義が間違っている
・期限が過ぎている
・支払限度額を超えている
・Amazonに対応していないカード

のいずれかが該当していると考えられます、とのこと。


なんですけど勿論、どれにも当てはまっていません。
他ではちゃんと使えているカードです。

住所表記が問題なのかなぁ・・・カード会社での登録情報上は日本表記ですけども、
海外のAmazonですので当然、カードの請求先住所は海外表記で登録しています。
この食い違いが原因なのかとカード会社に問い合わせたところ。

海外からの引き落としにロックが掛けられていて、引き落としをブロックしていたとのこと。
オーストラリア在住中に散々使っていましたし、アメリカのAmazonでも買い物したりしてるんですが、
何で今回だけ拒否されていたのか・・・謎です。
ともかく登録できたのでよしとしましょう。


そして最後。身分証明。
パスポートの写真をアップロードしたのに、
政府発行で尚且つ顔、住所、生年月日、本人サインが記載されているものにして下さい
と突き返されました。

えー・・・全部分かるじゃん・・・

何かの手違いじゃないかと再度申請。やはり同じ理由で却下されました。
一体どういうことかとよく読んでみると、
(英語で)スクリーンショットはダメ と書かれているんですね。
ああつまり、スマホのカメラで撮影してたのがいけないのかと。

私がきちんと読んでいなかっただけで、
スキャンしたデータで送ってくださいとしっかり書かれてありました。
というわけで近所のコンビニでパスポートをスキャン、
申請し直すとようやくセラーとしての認可が下りました。



慣れないことで随分遠回りになっちゃいましたけどともかく、
これでようやく商売を始められるってわけですね。
Amazonアメリカは申請方法があちこちで紹介されているのですが、
オーストラリアは情報がほぼ見つからない上に申請方法も大分違うようで苦労しましたよ。

さて・・・次は売れそうなものを探さなきゃということで、また苦労するんでしょうね。

関連記事
[ 2018/05/19 13:19 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

証明書の提出を、だって

大体要領は分かってきたと思うので、遂にAmazonのセラーアカウントを
仮登録から本登録へ!販売を開始しよう!と思い登録を済ませました。

・・・実は仮登録なんてものは存在せず、私が以前登録した(と思っていた)
アカウントは作成されておらずゼロから始める形になったんですけどね。
よく分かんないけど古すぎるリンクから登録したようで、
Amazon側からあなたのアカウント存在しないんですけど?
でも同じ名前でこのメアド(日本Amazonで使用してるアドレス)でアカウントが存在してるよってメールが来ました。

なるほど、Amazonのアカウントって国別で作る必要はなく紐づけされてるようですね。


今回こそはちゃんと作成。バイヤー(買い手)としてしか使えないアカウントを、
セラー(売り手)としても使えるように手続きを済ませました。
約49ドル(日本円にして4千円弱)の登録料が毎月引き落とされます。

さあ、売り出す物を登録していこうと思った矢先、
「セラーアカウントは作成済みだけど本人証明を済ませてね」と言われ、現在足踏みしている状態。

免許、パスポートといった本人確認ができるIDと、
bank account statement、要は口座の証明書を添付ファイルで送ってくれと。

IDはすぐ用意できたけれど、口座証明書は売り上げが入金される
Payoneerへ現在発行を依頼しています。
3営業日以内だそうで本日は休みだからもう来ないとして、明日明後日でしょうかね。

何分不慣れなことを手探りで始めようとしてるので、
この思わぬ足踏みにホッとしたような、残念なような・・・。




※ちなみにPayoneerとは外貨を取り扱うオンラインバンクのようなもの・・・でいいのかな。
まだ一度も取引してないので何とも言えませんがとにかく、海外のAmazonへ出店する場合、
売り上げを日本の銀行へ直接振り込むことはできませんので
こういったサービスを利用する必要があります。
若干の手数料はかかりますが、売り上げはこちらに保管され、必要に応じて
日本の銀行へ振り込むことで初めて、自分のお金になるようです。

関連記事
[ 2018/05/13 20:00 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

国や会社はあてにできない

どうもこんばんは。

色んなサイトを見ていると世の中、思った以上に会社に属さず個人で稼いでる方って多いのかもしれません。
そしてそういう方の経歴を見ていると、多くの人が過労やうつ病でドロップアウトしていたりと、
必要に迫られて個人で稼ぐ術を身に着けた過去があるように見受けられます。

かくいう私も現在30代前半なのですが、20代で二度も過労で死にかけた経験があります。
二度目はうつ病も発し、2~3年引きこもりましたね・・・
ブラック企業の体験談に関しては、また別の機会に書いてみようかと思います。

言うまでもなく労働基準法がしっかり守られていれば、
私にも上記の人達にも、こんなことは本来起こり得なかった筈なんです。

ご立派な法律がありながら、我が国ではそんなもの、
ほぼ全ての企業が守っていないのが現状です。
むしろ完全に労基法守ってる企業なんて存在するのでしょうかね。

労働者からの搾取は改善されるどころか、年々酷くなっている始末。
そもそも大企業と政治家がベッタリなんですから、国側も改善する気など微塵もないでしょう。
上がらない賃金に増税に次ぐ増税で生活は苦しくなる一方。


あと30年もこの国の労働環境に耐えられる気がしません。
いや、現在の賃金の水準そして恐らく貰えやしない年金のことも考慮すれば、
30年どころか私たちの世代は死ぬまで働くことを強いられるでしょう。

超少子化に悪化し続ける経済、残念ながら今より更に悪くなることはあっても、
もうこの国が良くなることはないかと思います。
シャープなどの顛末を見るに大企業に属しているからと言って安泰、
という時代でももう無いでしょう。



自分の身は自分で守る。そういう時代になってきているのではないでしょうか。
自由な時間を得るのは勿論のこと、生きていく上で必要だと感じたからこその個人貿易の開始。
何としても成功させたいものです。




関連記事
[ 2018/05/10 22:06 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

失敗しながら覚えていくべき?

さて、今月中には販売を開始したい。
と思いつつも石橋を叩いて渡る性格なので慎重に慎重に。
まだ情報収集しています。

GWの連休中に疑問点は全て調べておくはずが、
高熱を出して寝込んでしまったために遅れが生じています。
って言うかまだ回復してませんし。
どんな便で発送すればいいのか、送料はどうするのか、
関税はどうするんだとか色々考えてます。

そもそも私が商売開始したいと考えている国のAmazonは
まだマーケットプレイスが開放されて約半年ほど。
つまりライバルが少なくチャンスではあるのですが、
先人の知識が得難いので敷居も高い、と。

アメリカのAmazonと基本は変わらないと思うのですけどね。
強引に始めて失敗しながら覚えていくべきなのでしょうか。
ちなみにアメリカ・・・Amazon USAは情報が容易に得られる、
要するに既に参入者が多く、新規では厳しいのだとか。

検索したところ、私が扱おうと考えている品はあまり無さそうだったので
いけなくはない気もするんですけど。

個人貿易で成功して自由を得たい!
ということで慎重に事を進めていますが、慎重になりすぎて
機を逃しては元も子もないですよね。
近々、動き始めたいと考えています。

でもまずは、病気を何とかしなきゃね。
関連記事
[ 2018/05/09 20:15 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

新たなる一歩(だと思いたい)

どうも、はじめまして。
人生と仕事に疲れ切って何かと迷走しているPeterと申します。
現在は脱サラ目指して個人で稼ぐ方法をあれこれ勉強中。

途中で投げ出さぬよう、また備忘録としての役割も果たしてもらおうかと思い、
ブログを始めてみることにしました。


メインはAmazon輸出で考えております。
実は既に他国のAmazonでの登録だけは済ましており、
もう少し準備を整えてから商売開始するつもりです。

その屋号が”Peter's Hobby Shop”ですので、ブログ名もここから名付けました。
ちなみにPeterとは僕がかつてワーキングホリデーで海外にいた頃、
使用していたEnglishネームです。

その滞在していた国へ出店するので、
この思い出深い名前を入れることに決めました。


今後は主にこれから始める商売の進捗や、ブログ名通りに
ゲームなど自分の趣味に関する記事を作成して更新していくつもりです。
よろしくお願い致します。
関連記事
[ 2018/05/06 20:13 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)