FC2ブログ

Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > アーカイブ - 2018年07月

セルフ・ネグレクト

スマホのバナー広告につられて買ってみました。

榎本由美 著: セルフ・ネグレクト



タイトル通り、社会問題となっているセルフネグレクトを題材とした漫画です。
セルフ(自分)をネグレクト(放棄)する。

強いストレスなどから何もできなくなり、
やがて衰弱して誰に知られることもなくひっそりと死んでいく。
しばしば話題になるゴミ屋敷などもそうですね。

かつては伴侶に先立たれた高齢者などが主だったのですが、
酷いストレス社会により、最近では過労で心身を壊した若年層も増えてきているそうです。

本作もそんな世相を反映するかのように、登場する人物は30~40代。
自分自身ではどうしようもなく、破滅していく三人の女性の人生を描いた、
オムニバス形式の漫画です。




まず結論から言えば、
救いが無さすぎて読後感は最悪。


そりゃーね、現実なんてこんなもんどころか、もっと酷いでしょう。
この漫画の場合、孤独死という最悪の結末だけは迎えていないので、
むしろ現実と照らし合わせればマシな部類に入るのかもしれませんが。
(しかし3話目の30年間引きこもった女性はもう、あの後孤独死確定でしょう・・・)

でも漫画なのだから何かしら救いがあって欲しかったなというのが本音。



何より残念だったのが、社会問題を題材にしている割には、
主人公が追い詰められていくのを淡々と描写しているだけで、
問題提起しているようには思えませんし、メッセージ性などもありません。


冒頭で本作の人物を「自分自身ではどうしようもなく、破滅していく」
と紹介しましたが、その「どうにもできない理由」っていうのは
普通に生活できている人から見れば、自業自得としか受け取れないような内容ばかりなんです。

でも当人にとってはそうじゃない、ということが上手く描写されておらず、
セルフネグレクトに対する理解が浅い人が本作を読んでも、
駄目人間が相応の末路を迎えた、ぐらいの感想しか出ないんじゃないかなぁ。




やっぱり、デリケートな社会問題を題材に作品を描くのって難しいんだなと、
しみじみ感じさせてくれる漫画でした。


妙に続きが気になる見せ方の広告が多いけど、
ぶっちゃけバナー広告で紹介されてる漫画が面白かったことって、一度も無いですね。
スポンサーサイト
[ 2018/07/27 23:08 ] 読書 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼロから始める英語の勉強方法

ワーキングホリデーと言えばオーストラリア、カナダ、ニュージーランドが人気。


ですのでやはり、外国語は英語を勉強する方が多いと思います。
母語でなくとも通じる国も多いですから、知っておくと世界が広がりますもんね。

ワーホリでオーストラリアにいた話をすると結構、
色んな方から効率のいい英語の勉強のし方教えてよ!なんて尋ねられるので、
私が最初に始めた英語の勉強の仕方や心構えを紹介してみます。


今の若い子たちは小学生の頃から英語の授業があるそうなので、
私の様にある程度年食って、習ったこともほとんど忘れちゃってほぼゼロからのスタート、
という方に向いているかもしれません。


世の中には、聞き流すだけで楽に覚えられる!
なんて教材が溢れていますが、ありえないです。

効率のいい勉強方法はあっても、楽な方法なんてありません。
地道にコツコツとやっていくしかないですよ。











まずは基礎を


文法書でも買ってじっくり読みましょう。
覚えた文法を使って簡単な作文もしたりしながら進めていきます。


ちなみに私はそれこそ、This is a pen. ぐらいしか覚えてないレベルからスタートしました。


しばしば、日本人は文法に拘りすぎるから話せない。文法は適当でいい
という意見を見ますが、半分正解で半分間違いかなってのが個人的な意見です。
基本ができていなければ上達しようもありません。

間違いを恐れて話せない=上達しない日本人が多い、
英会話は話せば話すほど上達するので、間違いを恐れずどんどん発言すべきだと。

これは確かにそうなのです・・・が


そもそも基本的な文法が分かっていなければ、
やはり話せる言葉のパターンは大幅に減ってしまいます。
順番が少し前後するとかならともかく、言いたいことの組み立て方すら分からないようでは、
”間違ってでも話す”という土俵にすら立てませんからね。
英会話においてしっかり自分の意思表示をするためにも、最低限は叩き込んでおきましょう。

”間違ってもいいのでガンガン話す”というのは、
ある程度基礎ができている上での話だと私は思っています。







超重要!シャドーイング


シャドーイングとは、英語音声を聞いた後に即座に復唱する練習法の事。
発音をなおざりにしている人が多いんです。


英語の発音の仕組みを理解しておかないと、
相手が何言ってるか分からない、簡単な単語なのに自分が言っても伝わらない、
なんて状況から抜け出すのに時間がかかります。



発音への理解度を深めることはリスニング力の向上にも繋がります。
相手が聞き慣れない音を発しているから、何言ってるか分からないわけですからね。
上達してくると会話の中で知らない単語が出てきても、スペルは分かるようになってきますよ。


あくまで私見ですけれども、発音は基礎を固めつつ最優先で学ぶべきだと思います。


今はYoutubeでネイティブの先生が丁寧に説明してくれる動画が数多くあるので、
そういうのを利用しながら何度も何度も口に出して、真似して、
舌や口の動きを英語の発音に慣れさせましょう。

”th”や”wh”、日本人が苦手とされるLとRの区別なども、
Youtubeのお陰で私が学生だった頃に比べ飛躍的に習得しやすくなっているはず。



発音を意識し始めると、日本の日常会話でよく使う和製英語に惑わされるかも。

例えば銀を表す”silver”はシルバーではなく、無理矢理カタカナで表記するならば
「スィゥヴァ」って感じです。実際の会話でシルバーと発音してもまず伝わりません。

また、発音のみならず「ノートパソコン」など英語圏には存在しない単語も数多くあります。
私の場合、駆け出しの頃は随分混乱させられました。
うっかり和製英語の発音や単語が出ちゃわないよう、しっかり練習しましょう。



余談ですが、プロ野球選手の松坂氏はアメリカでは「マット」と呼ばれていたそうです。
英語圏の人達には「マツザカ」という発音が非常に難しいからですね。

その話を聞いた当時の私は、何で発音できないんだ?と理解できませんでしたが、
英語の発音が上達してくると何故難しいのか、よーく分かりますよ。





簡単な文をひたすら口に出す


「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という本がお奨めです。
トレーニング方法は本に書いてあるので割愛。

ざっとだけ説明しますと、文法別に簡単な文章がずらっと並んでおり、
それをひたすら口に出して覚えていく感じ。正確にはもう少しややこしい使い方をしますが、
まあとにかく、学んだ文法を含め英会話の基礎・土台を築いてくれる優れものです。

付録としてテキスト内の文章を、日本語→暫く間をおいて英語
で読み上げてくれるCDが付属しています。
CDの音声が答え(英文)を読み上げる前に自分で口に出して答えましょう。

文法(ページ)別でトラックも区切られていますし使いやすさも申し分なし。

オーストラリアへ行く約10か月前から、出退勤時の車内でずっとこのCDをかけ、
ひたすら反復して口に出していました。



ここまで紹介したものは全て、並行して進めておくのが良いかと思います。







英会話にチャレンジ!


ある程度基礎ができてきた、発音も良くなってきたかもと思い始めたら、
いよいよ英会話にチャレンジしてみましょう。

Youtubeと同じくこれまた今は便利なもので、
自宅にいながら手軽に、安価に英会話の授業を受けることができます。
そう、オンライン英会話というやつですね。

色んな会社がありますが私はDMM英会話のお世話になりました。

会社側で難易度別からシチュエーション別まで多様なテキストを用意してくれており、
それらを使って進めることもできますし、ただ会話に終始するだけでもOK。

初心者可のマークが付いている先生は、とても優しく丁寧に教えてくれます。

それでも最初の数回の授業はガッチガチに緊張して、
私の場合は全然喋れませんでしたけどね・・・。
1日1回25分のコースを継続、2カ月目ぐらいからたどたどしいながらも、
世間話などできるようになったんだったかな。


ちなみにDMM英会話の有料会員である間は、
本来ならば月額が1480円必要な英語教材・iKnowを自由に使うことができます。
効率よく新しい単語を覚えていける教材ですので、是非活用しましょう。






まとめ


以上が、私がほぼゼロの状態から始めた国内での勉強法です。

前述した通り、This is a pen.ぐらいしか覚えてないレベルでしたがこんな感じで1年勉強、
渡豪後の語学学校のクラス分け入学試験では、日本人がこのクラスからスタートするのは珍しい、
と言われるIntermediate(中級)クラスから始められる点を取ることがきでました。

勿論、個人で勝手に学んだ方法ですので、
他に効率のいい方法はいくらでもあるかもしれませんが。



最初の方の一人でやる勉強は根気さえあれば何とかなりますが、
英会話では何度も何度も挫折することになります。
上達を感じる→壁に当たって挫折する、の繰り返しになりますね。

めげずに継続することこそ肝要。
楽して覚えるってのは・・・無理だと思います。


英語学習は長くと言うか、終わりのない辛い道のりですけど、
ある程度でも英語が話せるようになるとほんと、世界が広がりますよ。

こんな記事が参考になるかどうかは分かりませんが、
一人でも多くの日本人が英語を話せるようになり、自分の世界観を広めてくれたらなぁ、
と願っています。



関連記事
[ 2018/07/23 07:42 ] 海外情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

何故髭は禁止なのだろうか?

毎朝欠かさず髭を剃る・・・

誰が定着させたのか知りませんが、社会人としての常識として根付いています。
そもそも私は、社会人って言葉が意味不明で大嫌いなんですが、それはまた別のお話。



私は髭の伸びが早いのに肌が非常に弱いので、毎日剃ることができません。
殆どの会社が髭を禁止しているので、この体質のお陰で私は
日本では選べる職が相当限られてきます。

ですので偏差値60弱のそこそこの大学出てますが、
仕事はずっと工場の現場作業員です。
黙々と作業しているとあっという間に時間が過ぎるので、
これ系の仕事は苦ではないんですけどね。



しかし何なんでしょうね?日本だって昔の偉人とかみんな、髭生やしてるじゃないですか。
別に中世とかまで遡らずとも、近代でも髭を蓄えてスーツ着てる人は大勢います。
滞在していたオーストラリアでも勿論、ビシッとスーツで決めたサラリーマンが
無精髭、なんて珍しいことでも何でもありません。





さて、日を空けずに剃ってしまうとどうなるかと言うと、
鼻から下が膿んで腫れ上がり、酷いことになってしまいます。
マスクである程度はごまかせますが、血が混じった膿がマスクにくっつき、
取る時にはべりべり音を立てて引きはがす羽目になります。

酷い状態の皮膚を見慣れているであろう皮膚科の先生が、
「うわっ、これは酷いですね・・・」とドン引きしたほどに醜く腫れるんですよ。

先生からは毎日剃らないようにと指導されましたが、
いや、私も剃りたくないんですが、この国では社会がそれを許してくれません。

まあでも、しばしば髭を理由に減給など不当な処分を受けた労働者が使役者を訴え、
勝訴している前例がありますから、本来は法律的にはOKなはずなんです。
でもこの国では法律よりも、社会人の常識とやらが優先されますからねぇ。
労働基準法を完璧に守ってる企業なんて恐らく存在しないでしょう?

定時前に出社して掃除しろだって?冗談じゃない!と言っても、
労基法上は違法であっても”社会人の常識”なる魔法の言葉で打ち消されるのが、
この国の現状です。




帰国後に就いた今の仕事も工場なのですが、原則髭は禁止。
一日おきに剃って騙し騙しやっていますが、顎の裏は湿疹だらけ。
つねれば汁が噴き出すこともあります。

徐々に広がって口の周りにも出始めてきたので、この仕事もそろそろ潮時かなぁ、と考えています。

サングラスの件同様、やはり周りから理解は得られません。
何故なら少数派だから。自分はそうはならないから、と共感を得られないわけです。




生きていくために自営業で独立するか、海外移住を勝ち取るかしかないな、
という思いが日増しに強くなっていく今日この頃。
関連記事
[ 2018/07/22 22:09 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

プライバシーポリシー

当ブログのプライバシーポリシーを記載します。




●個人情報の利用目的
当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、
名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録頂く場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を
電子メール等でご連絡する場合に利用させて頂くものであり、
個人情報をご提供頂く際の目的以外では利用いたしません。




●個人情報の第三者への開示
当サイトでは、個人情報は適切に管理し、
以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合





●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止
ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、
ご本人であることを確認させて頂いた上、速やかに対応させて頂きます。





●クッキー(Cookie)
当サイトでは、一部のコンテンツについてCookie(クッキー)を利用しています。
Cookieとは、サイトにアクセスした際にブラウザに保存される情報ですが、
お名前やメールアドレス等の個人情報は含まれません。

当サイトにアクセス頂いた方々に効果的な広告を配信するためや、
アクセス解析にCookieの情報を利用させて頂くことがあります。

ブラウザの設定により、Cookieを使用しないようにすることも可能です。
当サイトで利用しているアクセス解析、広告サービスは以下のとおりです。

wordpress.com
グーグルアナリティクス 
グーグルアドセンス





●第三者配信の広告サービスとCookie
当サイトでは、第三者配信の広告サービスである「グーグルアドセンス」を利用し、
第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告が掲載されます。

この広告サービスでは、上述のCookieを利用することで、
ユーザーが当サイトに訪れた情報や過去他のサイトを訪れた情報に基づき、適切な広告を表示します。
Cookieを利用した広告を無効にする方法についてはこちらの広告設定をご参照くださいませ。


●プライバシーポリシーの変更について
当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守すると共に、
本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


●免責事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、
誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。




運営者情報
Author: Peter
http://beatandloose.com/


お問い合わせは右側下部のメールフォームよりお願いいたします。
関連記事
[ 2018/07/21 22:43 ] ブログについて | トラックバック(-) | コメント(-)

ワーホリへ行こう! 準備編

海外生活の経験を活かして、留学やワーキングホリデーに行こうと考えている
方々の手助けができないかなと思い、新しく海外情報のカテゴリを作成してみました。

あくまで私見になりますし、似たような情報が溢れているでしょうが、
少しでも多くの方の目に、こういった情報が留まり易くなれば良いかなと。

不定期に、気まぐれに更新します。
初回はまず準備編。













とにもかくにも、まずは勉強


行先の言語をまずは独学でもいいので、可能な限り勉強しておきましょう。
当たり前の事と思われるかもしれませんが、何も勉強せず出てくる強者も結構います。
が、予め基礎が身についてるか否かでやはり、語学力の伸びは大きく変わってきますよ。

語学学校に通うならば、最初のクラス分け試験で良い点とって上のクラスへ行ければ、
それだけ高度な教育を長く受けられるわけですからね。


勉強方法については別に記事を書くつもりです。

※アップしたので追記しておきます。
http://beatandloose.com/blog-entry-44.html

とりあえず「全然言葉分からないけど行けば何とかなる」ってのは、無いと思います。






エージェントを選ぼう


”留学(ワーホリ) エージェント”とか適当なワードで検索すれば、
色んなエージェントの情報が出てきます。

ビザの取得、語学学校や滞在先の斡旋、現地での生活心得など色々サポートしてくれます。


勿論無料ではありませんから全部自分でやった方が安くあがるのですが、
留学及びワーホリは初めてだ、という方は大人しく頼った方がいいかと。
向こうでの生活に慣れちゃうと、最初はこんなことも自分でできなかったのか・・・
とか思っちゃいますけどね。



私の場合はビザの申請手伝い、ワーホリで人気の滞在先及び語学学校の紹介→斡旋、
ホームステイ先の手配、おすすめ海外保険の紹介などをして頂きました。

語学学校は特定の学校を強引にお奨めされたり、とかはなかったです。
色んな学校のパンフレットが用意されていたので、それを見て自分で判断しました。


現地のエージェントとも提携しており渡航後は空港でお出迎え、街を案内しながら
ホームステイ先まで車で送ってもらうサービスもありましたよ。
向こうで働いてる日本の方でしたので、渡航直後の不安を和らげるには良かったかも。
人によっては拍子抜けかもしれませんね。


また、定期的にセミナーを開催しており、
分からないこと不安なことなど、聞けば丁寧に色々教えて下さいます。







準備費用は?


ざっと約90万円かかりました。
エージェントへの登録料が5千円。これはまあ良いとして、
語学学校4ヵ月で約50万円、ホームステイ4週間が約9万円、
海外保険1年が約27万円、行先への航空チケット代が約6万円。
持っていく雑貨なども含めれば、100万ぐらいでしょうか。



結構な金額飛びますよね。
語学学校の費用は仕方ないとして、


保険がねぇ~、正直勿体無かったなと。
ファームでのバイトで腱鞘炎になり一回病院のお世話になっただけです。
とはいえ、たまたま(ほぼ)お世話にならなかっただけで、何があるか分からないですしね。
入らなくていいよとは口が裂けても言えないです。



そしてホームステイ。確かに現地の人と共に生活ができるという
貴重な経験ができるのですが、費用がちょっとね。
シェアハウスで自炊する生活に比べ倍ぐらい費用がかかるので、
あまり予算取れない方にはお奨めできません。
楽しかったですけどね。



最後に、航空チケット代は時期によって値段が大幅に変わりますので、
安い時期を調べてから渡航日を決めると良いでしょう。
私はゴールデンウィークの時期と被ってたので、かなり割高でした。
当時はそんな、時期によって大幅に値段が変わるとか知らなかったんです・・・。




かかった金額はあくまで私のケース。
エージェントや学校によっても大きく変わってくるでしょう。



そして準備資金とは別にお金は多いに越したことはありません。
準備後、手元に残った資金が少なければ仕事に忙殺されて、
向こうでの生活を満喫できないでしょうしね。

車とかあると最高ですよ・・・。ツアーで行けないような名所も周ったりできますし。






持っていくべき物


重くなると空港で余分にお金取られます。
衣類は最低限、基本現地調達が良いでしょう。ドライヤーなんかもね。

旅の思い出を残すためにデジカメ、あとノートパソコン。
パソコンは私的には必須なんですが持ってる人は少なかったですね。

電化製品を持っていく場合は、滞在先に合わせたコンセント変換プラグをお忘れなく。
1個数百円で買えます。


筆記用具とか持っていって当たり前の物も挙げだすとキリが無いので、
これは絶対!という物だけに絞りましょう。




強烈にお奨めしたいのは自分に合うシャンプー。多めに持っていきましょう。
私はオーストラリアへ行ったのですが向こうのシャンプーが合わなかったのか、
物凄い勢いで髪が抜けていきました。


とうとうハゲるべき時がきたのかと覚悟を決めましたが、帰国後にピタっと止まったので、
原因は向こうのシャンプーの可能性が大です。
なんかねー、接着剤でも混じってるの?ってぐらい髪がガチガチになるんですよね。
紫外線は私がいた地域は日本と同じぐらいでしたし、他に原因が考えられないんです。


アジアからのワーホリ、留学生が多い地域ではアジアンマーケットがあることが多いので、
無くなってもそこで調達できることもありますよ。割高になりますが。




他にはSIMフリーのスマホ。

プリペイド式の携帯電話をお奨めする人が多かったのですが、やめた方がいいです。
通話なんて滅多にしませんし何より、方向音痴の私には見知らぬ土地では
Googleマップが必須でした。費用も、通話の為に入金しても(使わなくても)一カ月で消滅しますし、
本体代なども含めれば結構な額になります。プリペイド携帯はお奨めできません。



でも今持ってるスマホがSIMフリーではない、という場合でも、
機種によってはお店に持っていけばSIMフリーにしてもらえます。
私はdocomoショップで3千円支払い、SIMの制限を解除してもらうことができました。



オーストラリアの電話(スマホ)事情についても、改めて別の記事として書こうと思います。






まとめ


いかがでしたでしょうか?
そんな目新しい情報は提供できませんが、
私は一人でも多く海外に出て、国際感覚を身に着ける人が増えて欲しいと願っているので、
もしこの記事が将来、少しでも誰かのお役に立つのなら幸いです。
関連記事
[ 2018/07/20 23:45 ] 海外情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

TOEIC始めました

さて、いつでも海外青年協力隊へ参加できるようにTOEICの勉強を始めてみました。
応募資格にTOEIC330点以上もしくは英検3級というものがありますからね。


会話はできるけど語彙はそんなに無いのでTOEICの点数ってどうなるんだろうか、
とちょっと不安なのですが、330ぐらいなら余裕でしょう。多分。


以前使ってた単語帳を見てみると、TOEIC600~780点、英検準1級レベルだそうです。
しかし、日常会話で使わないような単語も多く、そういうのはあんまり覚えてないんですよね。

難しい単語覚えても、現地の人からは「普段の会話でそんな言葉使わないよ~。」
って笑われたりしますし。日本語の感覚で言えば、

会う=邂逅する とか 食べる=召し上がる

みたいな、仰々しい感じに聞こえるのかもしれませんね。



とはいえ今回は会話の為でなく点数取る為の勉強ですので、
ゴチャゴチャ言わずに大人しくテキストの単語覚えます・・・。
ま、知ってて損することは無いですし。


関連記事
[ 2018/07/19 21:25 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

部活=軍隊

部活顧問「校舎の周り80周走れ」 男子生徒が熱中症に


ああ・・・我が県でこんな不祥事が。

連日猛暑が続く中、部活でミスの目立つ生徒に罰として校舎の周りを80周走ることを命じ、
その生徒は途中で熱中症で倒れてしまったと。

たまたま仕事に来ていた工事業者の方がこの子が倒れていたのを発見、
緊急搬送され生徒は事なきを得たとのことですが、もしこの業者さんがいなかったら、
そのまま亡くなっていた可能性もあるわけですね。



こんな事件見てると、半年で辞めた学生時代の運動部の事を思い出します。
周りからは根性なしだとか罵られましたが、
だって楽しくスポーツしたいから始めたのに

上級生の荷物持ちだの草むしりだのお茶くみだの球拾いだの、
雑用ばーっかやらされて、練習すら全然させてもらえなかったんですもん。
その上、指示された時以外水飲むなとか、顧問や先輩の言う事には絶対服従って、
私は兵隊に志願した覚えは全く無かったんですけどねぇ。

ちなみに辞めた後は先輩様達に廊下で会う度、
ネチネチ、ネチネチと悪口を言われ続けました。

自分には合わないから辞めるというのは悪である、ってことですか。
そりゃあこの国からブラック企業なんて無くならないわけですね。
学生時代からブラック社会に馴染めるよう、徹底的に指導されてるんですから。
部活辞めただけで、同じ学生からいびられるような社会ですよ。



で、この日本式の軍隊のような部活指導、
17年ほど前に私が高校生だった当時から色々物議を醸していたにも拘らず、
(酷暑の中での健康被害だとか、勉学に割く時間が無くなるだとか)
何も変わらず未だに続けてるんですね。

いつまでこんな、根性論全開の時代錯誤的な指導を続けるんでしょうか。


時代の流れと共に世界が大きく変化していってる中でも、
この国は全然変わりませんね。
技術面でも精神面でも、どんどんガラパゴス化していってるような・・・
経済だけでなく、色んな面でこの国の将来が半端なく不安です。
関連記事
[ 2018/07/17 21:07 ] 社会 | トラックバック(-) | コメント(-)

そろそろFBAを

そろそろFBA納品というやつを始めてみようかと。



FBAとはFulfilment by Amazonの略称で、Amazon所有の倉庫へ
前もって売りたい品を納品しておくサービスの事です。
Amazonで買い物してるとしばしば、「この商品は〇〇が販売し、Amazonが配送します」
なんて商品を見かけませんか?


これはAmazonが直接管理している商品ではなく、〇〇(お店の名前)さんが
出品しているわけです。Amazonはただ配送を代行しているだけなんですね。




さて、私の場合は現在アメリカとオーストラリアで出店しているわけですが、
注文が入ったその日に発送してもお客さんの元へ届くまで、結構な時間がかかっちゃうんですよ。
支払いを済ませたら極力早く商品を受け取りたい、というのが人情ってものでしょう。
買う時点でお届け予定日が二週間後と表示されてるとか、
それだけで結構商機を逃してると思うんですよね。

予め納品しておけば梱包も発送もあとはAmazon側でやってくれますし。





こう書いてると良いことづくめの様に見えますが、勿論デメリットもあります。
よそ様の倉庫を借りるわけなので当然保管料がかかってきますし、
売れたら配送代行の手数料も取られます。
預けた商品の保有面積で保管料も変わってくるのですが、
これが結構バカにならない金額。
大きくて売れない物をたくさん送っちゃうと、えらいことになるんだとか。

こんな話聞いてると何だか怖くて、なかなかFBA納品に踏み切れなかったという。


というわけで、まずは小物を多すぎない程度に送ってみましょうか。
三連休だったのに、何もしてないのにやたら疲れてるので、また次の週末にでも。

このだるさ、ストレスかな・・・。
関連記事
[ 2018/07/16 22:10 ] Amazon輸出、ヤフオク、メルカリ | トラックバック(-) | コメント(-)

煽り運転について思う事

最近何かと取り沙汰される煽り運転。

ドライバーのモラル低下が問われているのですが正直、
私は大抵のケースにおいて煽られる側に問題があるように思います。




私の地元で言えば制限速度50㎞の道を35㎞程度で走り続ける車が多いですし、
(特に見通しが悪かったり道が細いわけでもない)
センターラインの無い道路をよく通るのですが、対向車が来る度にブレーキ、
もっと酷いのになると急ブレーキを踏み、対向車が通り過ぎるまで停車する、なんて
ドライバーにも割と頻繁に遭遇します。センターラインは無くとも、
普通車ならすれ違うには十分な広さがある道路なんですけどね。

こちらに急ブレーキを踏ませる勢いで脇道から飛び出してきたかと思えばその後、
速度を上げることもせずノロノロ走り続け、信号が赤になっても自分だけ進んでいく、
なんてのも見慣れた光景。


ここ最近、スキルも他車への配慮も無いドライバーが急増している気がするんですよ。
そういうドライバーの後ろにつくと速度が一定でなかったり、
何も無いのにブレーキを踏んだりを繰り返すので、
別に煽るつもりがなくても車間がガンガン詰まることがあるんですよね。



よく「普通に運転しているのに頻繁に煽られる」なんて言ってる人を見かけますが、
それは本当に煽られているのでしょうか?加減速が滅茶苦茶で
後続車が配慮しててもくっついてしまうような運転をしているのでは?
と思うわけです。


スマホ見ながらの運転も多いですし、
「円滑な流れ」を意識しているドライバーが減ったな、と思うことが増えました。
普通に運転していれば、煽られることなんてそうありませんって。
関連記事
[ 2018/07/14 15:33 ] 社会 | トラックバック(-) | コメント(-)

生き辛い

オーストラリアで知り合った友人が海外青年協力隊に志願し、再び海外へ旅立ったという。
ジャマイカへ2年だそうです。

人当たりは良いけれど奔放な彼女を見て、日本では生き辛いだろうなぁ、あの性格。
と呟く人がいましたが同じくそう思います。
周りに流されずに己の意見をしっかり持ち、自分なりの美学や哲学に則って生きる。
私は大好きですよ、こういう人。



帰国して一年弱。現在、私も強烈に日本での生き辛さを感じています。
この国では生まれ持った身体的特徴だけで差別されることが多々あるし、
生来の変わり者らしく、自分を理解してくれる人が周りに誰一人としていません。

向こうで知り合った友人たちはやはり皆、海外に出てくるような人達なので
”典型的な日本人”ではありません。
ですので私の性格にも理解を示してくれるんですけど、
残念ながら気軽に会いに行けるような距離に住んでる子は一人もいないんですよね。




例えお金がどれだけあろうが、素敵な恋人に巡り合おうが、
この国では一生、私は本当の幸せを得ることはできない、と確信しました。

よく「空気読め」なんて言う国ですけど、根本的にその「空気」が肌に合わないです。
協調性だ何だ言うけど、何故自分を押し殺して生きねばならないのでしょう。
周りに合わせろというが、その周りは私に合わせてはくれないの?

と、愚痴をこぼしたところで何も変わらないのはもう身に染みてますけど。



かと言って海外移住のハードルは高い。
さてどうしたものか、と悶々と日々を過ごしております。


現在の職場でも左利きであることを強烈に差別され、本当にもううんざりしています。
私も青年海外協力隊に参加して、今一度自分探しをしようかなぁなんて、
最初に話した友人の事を聞いて悩んでいる今日この頃。
関連記事
[ 2018/07/13 23:01 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)