FC2ブログ

虐待問題 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 社会 > 虐待問題

虐待問題

テレビでよく見かける児童虐待、殺人。
聞けば3・6日に一人、我が国では子供が虐待死しているのだとか。
親が子を殺めるという、何とも痛ましい類の事件ですよね。
そういったニュースを見かける度にうちの親は
「こんなことをする神経が理解できない」だとか「こんな奴ら同じ目にあわして殺しちまえ!」
などと憤ります。

確かに許されざる問題なのですが、私はこういった事件を
親の責任だけに帰結させるのはどうも納得できません。


この国はただでさえ貧困化が進んで家庭を持つことができる人すら激減しているのに、
追い討ちをかける様に育児にとんでもなく非寛容な社会です。
出産を機に退職を迫られたり、復帰しても閑職に追いやられたり、なんてよく聞く話です。
男性の育児休暇に至っては取れる人はごくごく僅か。


制度の不備が目立つ一方で、
ガキの声がやかましいから(ただでさえ不足しているのに)保育園を建てるなだの、
ベビーカーで公共交通機関に乗るなだの、社会全体が驚くほど育児に対して非寛容です。

また、国連からも度々是正するよう忠告されている長時間労働も大きく影響しているでしょう。
私の友人同士が結婚し、今や二人は一児の親なのですが、夫は毎晩帰りが遅く
産まれたばかりの子供と接することがろくにできないのだとか。
最近、妹分である奥さんとLINEでやり取りしても、
変な所で会話が途切れたり、口調に違和感を感じたり、出産後どこか様子が変なのです。
全然眠れない、とも言っていました。
育児ノイローゼになってやしないかと心配です・・・。



中には本気で子供が邪魔になったから殺した、といったケースもあるでしょう。
けれども、行政の不備や上記に挙げた社会の空気に追い詰められて、
遂には我が子を手にかけてしまうというケースも決して少なくはないと思うのです。
これだけ子供の虐待死が頻発しているのに、社会全体の問題だと考えずに
個人=親だけの問題にしたがる人が今だに多いのは一体どうしたことでしょうか。

他人事だからと切って捨てずに、一人一人がこういった問題に向き合って、
皆で住み良い社会にしていけたらと思うのですが、無理な話なのでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/06/12 21:39 ] 社会 | トラックバック(-) | コメント(-)