FC2ブログ

ゼロから始める英語の勉強方法 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 海外情報 > ゼロから始める英語の勉強方法

ゼロから始める英語の勉強方法

ワーキングホリデーと言えばオーストラリア、カナダ、ニュージーランドが人気。


ですのでやはり、外国語は英語を勉強する方が多いと思います。
母語でなくとも通じる国も多いですから、知っておくと世界が広がりますもんね。

ワーホリでオーストラリアにいた話をすると結構、
色んな方から効率のいい英語の勉強のし方教えてよ!なんて尋ねられるので、
私が最初に始めた英語の勉強の仕方や心構えを紹介してみます。


今の若い子たちは小学生の頃から英語の授業があるそうなので、
私の様にある程度年食って、習ったこともほとんど忘れちゃってほぼゼロからのスタート、
という方に向いているかもしれません。


世の中には、聞き流すだけで楽に覚えられる!
なんて教材が溢れていますが、ありえないです。

効率のいい勉強方法はあっても、楽な方法なんてありません。
地道にコツコツとやっていくしかないですよ。











まずは基礎を


文法書でも買ってじっくり読みましょう。
覚えた文法を使って簡単な作文もしたりしながら進めていきます。


ちなみに私はそれこそ、This is a pen. ぐらいしか覚えてないレベルからスタートしました。


しばしば、日本人は文法に拘りすぎるから話せない。文法は適当でいい
という意見を見ますが、半分正解で半分間違いかなってのが個人的な意見です。
基本ができていなければ上達しようもありません。

間違いを恐れて話せない=上達しない日本人が多い、
英会話は話せば話すほど上達するので、間違いを恐れずどんどん発言すべきだと。

これは確かにそうなのです・・・が


そもそも基本的な文法が分かっていなければ、
やはり話せる言葉のパターンは大幅に減ってしまいます。
順番が少し前後するとかならともかく、言いたいことの組み立て方すら分からないようでは、
”間違ってでも話す”という土俵にすら立てませんからね。
英会話においてしっかり自分の意思表示をするためにも、最低限は叩き込んでおきましょう。

”間違ってもいいのでガンガン話す”というのは、
ある程度基礎ができている上での話だと私は思っています。







超重要!シャドーイング


シャドーイングとは、英語音声を聞いた後に即座に復唱する練習法の事。
発音をなおざりにしている人が多いんです。


英語の発音の仕組みを理解しておかないと、
相手が何言ってるか分からない、簡単な単語なのに自分が言っても伝わらない、
なんて状況から抜け出すのに時間がかかります。



発音への理解度を深めることはリスニング力の向上にも繋がります。
相手が聞き慣れない音を発しているから、何言ってるか分からないわけですからね。
上達してくると会話の中で知らない単語が出てきても、スペルは分かるようになってきますよ。


あくまで私見ですけれども、発音は基礎を固めつつ最優先で学ぶべきだと思います。


今はYoutubeでネイティブの先生が丁寧に説明してくれる動画が数多くあるので、
そういうのを利用しながら何度も何度も口に出して、真似して、
舌や口の動きを英語の発音に慣れさせましょう。

”th”や”wh”、日本人が苦手とされるLとRの区別なども、
Youtubeのお陰で私が学生だった頃に比べ飛躍的に習得しやすくなっているはず。



発音を意識し始めると、日本の日常会話でよく使う和製英語に惑わされるかも。

例えば銀を表す”silver”はシルバーではなく、無理矢理カタカナで表記するならば
「スィゥヴァ」って感じです。実際の会話でシルバーと発音してもまず伝わりません。

また、発音のみならず「ノートパソコン」など英語圏には存在しない単語も数多くあります。
私の場合、駆け出しの頃は随分混乱させられました。
うっかり和製英語の発音や単語が出ちゃわないよう、しっかり練習しましょう。



余談ですが、プロ野球選手の松坂氏はアメリカでは「マット」と呼ばれていたそうです。
英語圏の人達には「マツザカ」という発音が非常に難しいからですね。

その話を聞いた当時の私は、何で発音できないんだ?と理解できませんでしたが、
英語の発音が上達してくると何故難しいのか、よーく分かりますよ。





簡単な文をひたすら口に出す


「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という本がお奨めです。
トレーニング方法は本に書いてあるので割愛。

ざっとだけ説明しますと、文法別に簡単な文章がずらっと並んでおり、
それをひたすら口に出して覚えていく感じ。正確にはもう少しややこしい使い方をしますが、
まあとにかく、学んだ文法を含め英会話の基礎・土台を築いてくれる優れものです。

付録としてテキスト内の文章を、日本語→暫く間をおいて英語
で読み上げてくれるCDが付属しています。
CDの音声が答え(英文)を読み上げる前に自分で口に出して答えましょう。

文法(ページ)別でトラックも区切られていますし使いやすさも申し分なし。

オーストラリアへ行く約10か月前から、出退勤時の車内でずっとこのCDをかけ、
ひたすら反復して口に出していました。



ここまで紹介したものは全て、並行して進めておくのが良いかと思います。







英会話にチャレンジ!


ある程度基礎ができてきた、発音も良くなってきたかもと思い始めたら、
いよいよ英会話にチャレンジしてみましょう。

Youtubeと同じくこれまた今は便利なもので、
自宅にいながら手軽に、安価に英会話の授業を受けることができます。
そう、オンライン英会話というやつですね。

色んな会社がありますが私はDMM英会話のお世話になりました。

会社側で難易度別からシチュエーション別まで多様なテキストを用意してくれており、
それらを使って進めることもできますし、ただ会話に終始するだけでもOK。

初心者可のマークが付いている先生は、とても優しく丁寧に教えてくれます。

それでも最初の数回の授業はガッチガチに緊張して、
私の場合は全然喋れませんでしたけどね・・・。
1日1回25分のコースを継続、2カ月目ぐらいからたどたどしいながらも、
世間話などできるようになったんだったかな。


ちなみにDMM英会話の有料会員である間は、
本来ならば月額が1480円必要な英語教材・iKnowを自由に使うことができます。
効率よく新しい単語を覚えていける教材ですので、是非活用しましょう。






まとめ


以上が、私がほぼゼロの状態から始めた国内での勉強法です。

前述した通り、This is a pen.ぐらいしか覚えてないレベルでしたがこんな感じで1年勉強、
渡豪後の語学学校のクラス分け入学試験では、日本人がこのクラスからスタートするのは珍しい、
と言われるIntermediate(中級)クラスから始められる点を取ることがきでました。

勿論、個人で勝手に学んだ方法ですので、
他に効率のいい方法はいくらでもあるかもしれませんが。



最初の方の一人でやる勉強は根気さえあれば何とかなりますが、
英会話では何度も何度も挫折することになります。
上達を感じる→壁に当たって挫折する、の繰り返しになりますね。

めげずに継続することこそ肝要。
楽して覚えるってのは・・・無理だと思います。


英語学習は長くと言うか、終わりのない辛い道のりですけど、
ある程度でも英語が話せるようになるとほんと、世界が広がりますよ。

こんな記事が参考になるかどうかは分かりませんが、
一人でも多くの日本人が英語を話せるようになり、自分の世界観を広めてくれたらなぁ、
と願っています。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/07/23 07:42 ] 海外情報 | トラックバック(-) | コメント(-)