FC2ブログ

証明書の提出を、だって Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 雑記 > 証明書の提出を、だって

証明書の提出を、だって

大体要領は分かってきたと思うので、遂にAmazonのセラーアカウントを
仮登録から本登録へ!販売を開始しよう!と思い登録を済ませました。

・・・実は仮登録なんてものは存在せず、私が以前登録した(と思っていた)
アカウントは作成されておらずゼロから始める形になったんですけどね。
よく分かんないけど古すぎるリンクから登録したようで、
Amazon側からあなたのアカウント存在しないんですけど?
でも同じ名前でこのメアド(日本Amazonで使用してるアドレス)でアカウントが存在してるよってメールが来ました。

なるほど、Amazonのアカウントって国別で作る必要はなく紐づけされてるようですね。


今回こそはちゃんと作成。バイヤー(買い手)としてしか使えないアカウントを、
セラー(売り手)としても使えるように手続きを済ませました。
約49ドル(日本円にして4千円弱)の登録料が毎月引き落とされます。

さあ、売り出す物を登録していこうと思った矢先、
「セラーアカウントは作成済みだけど本人証明を済ませてね」と言われ、現在足踏みしている状態。

免許、パスポートといった本人確認ができるIDと、
bank account statement、要は口座の証明書を添付ファイルで送ってくれと。

IDはすぐ用意できたけれど、口座証明書は売り上げが入金される
Payoneerへ現在発行を依頼しています。
3営業日以内だそうで本日は休みだからもう来ないとして、明日明後日でしょうかね。

何分不慣れなことを手探りで始めようとしてるので、
この思わぬ足踏みにホッとしたような、残念なような・・・。




※ちなみにPayoneerとは外貨を取り扱うオンラインバンクのようなもの・・・でいいのかな。
まだ一度も取引してないので何とも言えませんがとにかく、海外のAmazonへ出店する場合、
売り上げを日本の銀行へ直接振り込むことはできませんので
こういったサービスを利用する必要があります。
若干の手数料はかかりますが、売り上げはこちらに保管され、必要に応じて
日本の銀行へ振り込むことで初めて、自分のお金になるようです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/13 20:00 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)