FC2ブログ

一生のお付き合い 扁桃炎 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 雑記 > 一生のお付き合い 扁桃炎

一生のお付き合い 扁桃炎

扁桃炎とは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E6%A1%83%E7%82%8E


文字通り扁桃からかかる病気です。

※ずっと”扁桃腺”と呼んでいた、というか病院の先生もそう言っていたのですが、
  分泌腺ではないので正確にはただ”扁桃”と言うそうです。

かかると39~41℃の高熱、服を何枚着ても毛布を何枚被っても震えが止まらない強烈な寒気に、
動くことすらままならず、眠ることもできないほどの全身の痛み、
固形物を飲み込めないほどの喉の痛みと、
この世の地獄を見ることになります。



私の場合これが約2~3カ月毎に発症し、しかも一度かかれば短くて2週間、
長ければ1カ月も治らないという状態にありました。
定期的に発症する2~3カ月の月日を待たずとも、
体力が著しく低下すると治った直後でも発症することもありましたね。


衰弱していたためか扁桃炎が出ていない時期は時期で、
ほぼ常に喉にまつわる軽い風邪に苦しまされていましたし、
1年の内で健康に過ごせる時間の方が遥かに少ないという有様でした。


やがて喉の炎症から出血するようにまでなり、吐血することもありましたし、
命の危険を感じることも度々あったほどなので、扁桃腺を切る手術を受けました。

もう5年ほど前の話で記憶も少し曖昧ですが、こちらについてはまた別に記事を書く予定です。
当時、情報が少なく困ったのを覚えていますので。




扁桃は切除したものの、残念ながら扁桃炎と完全にサヨナラすることはできず、
現在でも1年に一回は昔と同じぐらいのきっつい症状が出ます。
さすがに喉の痛みだけは抑えめで食事は普通にできますが。

更に以前と同じく2~3カ月に一回ペースで、熱は出ずに大分症状も軽めなものの、
喉と全身の痛みに襲われます。


今は後者の軽い方が発症中。
もう慣れたとはいえ、やはりこの状態で仕事するのはなかなかしんどいですし、
健康な人が羨ましくもなります。



同じ習慣性もしくは慢性扁桃炎持ちでも、
大半の方は手術後に再発することもなく健康に過ごせるそうですが、
私の様にましにはなっても完治には至らない、というケースもしばしばあるみたいですね。


こんな病気と一生付き合わなきゃならないのか、とゲンナリしますけど、
どうしようもないですし。
以前みたいに年中、インフルエンザの上位互換みたいなのに
苦しめられることが無くなっただけマシ、とでも思わなきゃやってられませんね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/08/09 21:10 ] 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)