FC2ブログ

私のブラック企業体験談・終章 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 労働 > 私のブラック企業体験談・終章

私のブラック企業体験談・終章

思いの外長くなってしまいましたが、今回が最終回です。



1話目はこちら。      私のブラック企業体験談
2話目はこちら。      続・私のブラック企業体験談

自由への逃走(闘争)



入社して僅か2週間と言えどもこの間、休日は無きに等しく、
(引っ越しに充てられた1日だけ)
自由な自分の時間もありませんでした。
長時間労働により既に満身創痍。仕事中に意識を失って帰宅させられた翌朝、
意を決して辞める旨を電話で伝えました。二度と出勤するつもりはありません。

しかし退職届を出しに来いと言うので、ささっと書いて提出。
そいつを叩きつけてそれでおさらば・・・のはずが
まだ一波乱ありました。


なんと親が詫びの電話を入れていたのです。

親にも伝えときましたからね。辞めること。







悪いのは誰なのか



退職届を出しに行ったらそりゃもう、激しく罵られましたよ。
「お前のせいでどんだけ会社に損害出たと思ってんだ!」
とか、あと親が詫びの電話入れたせいで
その事に関しても人格否定のようなことを言われたり。

2週間で辞めるとか何考えてんだと親にもめちゃくちゃ怒られました。
次の仕事を見つけるまで帰ってくるなと言われ、
アパート借りてバイトしながら他の仕事を探すことになったんです。
半分勘当されたようなものですね。



でもさぁ、思うんですよ。




これ、私が悪いの?



地元勤務を謳いながらいきなり引っ越し強制、
業務内容も違う、勤務時間も休日日数も、残業の有無も嘘。
うそ、ウソ、嘘・・・何もかもが嘘で塗り固められ、
何一つ真実が書かれていない求人に騙された被害者なんですけど?こっちは。


この国にいるとどうも感覚が麻痺しがちですが、労基法違反も立派な犯罪です。

犯罪にNoを突きつけたら周囲からボロクソに叩きのめされる。
何この理不尽。



以前の記事でも書きましたがこの当時、私は労基法についてろくに知りませんでした。
今から約10年前。まだあまりブラック労働に関する情報が出回っておらず、
今以上に労働者が騙されまくっていた時代です。

そんな中でも「明らかにこれはおかしいだろ」って思うほどの
あんまりな待遇で働かされていたわけですが、敵であるブラック企業側はともかく、
味方だと思っていた家族からもボロクソ言われ、
私の心には他人への信用や交流を一切閉ざす氷河期が到来したわけでございます。


ちなみに辞めた数日後に給与が振り込まれておりましたが、
その額は7万8千円ほど。
求人では月給23万ほどだったはずですが、2週間休みなく働いてこの額ですよ。
これ、1カ月休みなく働いても23万に全然届かないよね。

言うまでもなく新幹線代など含めれば大幅な赤字です。

2週間の奴隷労働で貯蓄が増えるどころか減ってしまったという。







奴隷労働の果てに・・・



その後、某大手警備会社に就職するもこれまたブラック。
36時間勤務の翌日に36時間勤務が組まれたり、忙しすぎて休憩なんて取れないのに
取ったことにされていたり、こちらもまためちゃくちゃな労働環境でした。
”待機時間”と称する時間があり、シフト終了後も何故か1時間拘束されたりね。
まあその時間は奥の部屋で何しててもOKだったんですが、賃金は出ません。


それでももう辞めるわけには・・・と周りからのプレッシャーに圧されていたこともあり、
半年間ほど働き続けた結果、うつ病を発症。
20代という貴重な若い期間を、約3年間も引きこもって過ごすことになります。




最近でこそ反論が多くなりましたが当時は今以上に、
どんな会社でも3年は勤めろという風潮が強かったように記憶しています。
もしこれを強制されて無理しながら3年も勤めさせられていたならば、
恐らく私は今頃この世にいなかったでしょう。


脱サラしたいと現在強烈に願っているのは、
過去に仕事に対するトラウマを植え付けられたからに他なりません。
うつ病から回復した現在も働くことへの恐怖感は拭い去ることができておらず、
特に残業は僅か15分ほどであっても激しい恐怖を感じてしまうほどです。



以前、過重労働を経て楽な仕事に変わることができた、という方が


「無為に過ごす時間ばかりになってしまった。人生の楽しみ方が分からない。
体は楽になったけど、擦り減ってしまった魂はもう元に戻らない。」


という旨の発言をされているのを見たことがありますが、
”魂が擦り減ってしまった”という感覚、物凄く分かります。

私も昔ほど何かに意欲的に取り組むことができなくなってしまいましたし、
取り分け顕著なのは集中力が持続できなくなったことですね。
本などを読んでも内容が頭に入ってき難くなり、
長時間読み続けることも出来なくなりました。

何か色んなものが自分の心から欠け落ちてしまった感があります。





まとめ



私の人生はブラック企業によって完全に狂ってしまい、今なお迷走中です。
紆余曲折を経て、企業に属さず自分だけで生計を立てることができるだろうか、
と考えるようなりましたが、上手くいくかどうかは分かりません。



でも私はこの国では、

企業に属す限りは決して幸せにはなれない

ということを帰国して改めて感じました。
例えお金があんまり無くても、のんびり穏やかに暮らせたらそれでも良いかな、
なんて考えてます。



とりあえず今現在、かつての私の様にブラック労働で苦しんでいる方がいればどうか、
周りが何を言おうと逃げて頂きたいです。

うつ病になってしまったら人生ほんときついですからね。
完治は一生しないとも言われてますし、良くなっても私の様に
集中力や記憶力が低下するなどの後遺症に悩まされることもあります。



人を人とも思わない連中にいいように扱き使われ、人生を台無しにする・・・
なんてバカバカしいですからね。
ブラック経営者の言いなりになって、奴らを肥え太らせる必要なんて無いのです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/10/22 22:14 ] 労働 | トラックバック(-) | コメント(-)