FC2ブログ

仕事を辞めたら物凄く怒られた話 Citizen of the Earth

色々駆使して脱サラを模索している男のブログ。内容は特に方針も無く、気の向くまま更新しています。自称・地球市民。

ホーム > 人生 > 仕事を辞めたら物凄く怒られた話

仕事を辞めたら物凄く怒られた話

どうも、Peterです。


この国では仕事を辞めるということは大罪です。
いやまあ、言うまでもなく何か法的に罰せられることはありませんけど、
そういう空気に支配されているのは分かりますよね?

仕事を辞めるにあたって、やはり親からは物凄く怒られましたので、
今日は説教された内容とそれに対する私の見解を記事にしてみたいと思います。





少し前に近々辞める相談をしたら賛同してくれてたんですけど・・・
本気だと思ってなかったそうです。
そりゃね、仕事辞めることは大罪ですもんね・・・。


正しい生き方とは?


まず一つ目。
このブログでも何度かお話しした通り、私はこの国のカルト宗教じみた労働観や、
それに伴う狂った労働環境にはとてもついていけないので、
越境ECやブログ、投資などで自立したいと考えています。

しかしそういう生き方は親から見れば人の道に反するんだそうで、
家で仕事をするなんて引きこもりと同じなのだと。
組織に属して社会と交わり、毎月安定した収入を得ることこそ
まっとうな社会人だの一点張りでした。



これは世代間の考え方の差が大きいと思うんですけど、
今の時代いくら働いても全然報われませんし、
結婚はおろか一人暮らしさえ厳しい賃金が”安定した収入”って言われてもなぁ・・・。
(賃金に関しては都会と地方で差もあるんでしょうけど、私の地元なんかは正社員でも
固定給15万円、実働11時間、日曜休みなんて求人が当たり前のようにありますからね。)


私の親は現在60代前半。
良い時代に全盛期を生きてきた世代なので私からしたら驚くんですけど、
今でも日本が物凄く豊かな国だと思っているんですよね。
だから若年層の貧困を理解できないし、甘えだと切って捨てたり。


ただ会社に属しているだけで一生安泰、なんて時代は既に終わってると思うんですよ。
かつての大企業もどんどん潰れたり、外資に吸収されている昨今。
そして次々明るみに出てくる企業の不祥事の数々を見ていると、
日本企業が国際的に信用されなくなるのも、そう遠くない話なのではないでしょうか?

自力でお金を稼ぐ方法を身につけておかないと、日々の生活すらままならない世の中に
私が生きている内になるんじゃないかなって踏んでます。
日本人が海外に出稼ぎに行くのが当たり前になる気もしますね。



それに犯罪で生計を立てるというならともかく、
会社に属さず自分でお金を得る道が何故まっとうではないのか、
どうしても理解できませんでした。





老後はどうする気?


今からコツコツ貯金しておかないで老後はどうする気だ、
そんな生き方だと年金の額も減ってしまう、と。
私はむしろ、老後まで考えたからこそ思い切って仕事を辞めました。


考えてみて下さいよ。

政府は定年を70歳まで引き上げると言っている。
年金の受給開始も75歳からにすると言っている。

今でもしんどいのに、60~70歳なんてヨボヨボの老人になった時まで、
フルタイム働けますか?少なくとも私は絶対無理です。
そして年金に至っては全くあてにしてません。

無茶苦茶な運用して数兆円規模で溶かしたりしてるんですよ。
そして高齢者を支える若年層が恐ろしい勢いで減り、
その逆に高齢者は物凄い勢いで増えていますから、
人口構造的に支えられるわけがないじゃないかと。

貰えない前提で考えてますし、貰えたとしても子供の小遣い程度じゃないかな。


そもそも75歳まで生きていられる自信がないです。

というか現時点でこんな構想があるなら、
私が老齢に差し掛かる頃には定年75歳、年金80歳↑も有り得ますからね。
何かしら自分で行動しないと死ぬまで奴隷ですよ。このままじゃ。

今から対策しとかないと私たちの世代には”老後”なんて一生来やしませんって。
伸びない賃金に、恐らく貰えない退職金や年金。
そんなものをアテにして将来設計はできません。

ま、投資やECでも上手く稼げるようになるかは分からないですけどね、そりゃ。





難しく考えすぎている?


これは小さい頃からよく言われてきましたが、「お前は何事も難しく考えすぎるんだ」と。

このままだとどうしても将来が不安だからこうしたいという理由を、
現在日本を取り巻く経済状況を交えながら説明したのですが、

経済なんて一人一人でどうにかできるもんじゃない。
一労働者には関係のないことなんだからそもそも、
そんな難しいことまで考える必要はないんだ、とバッサリ切り捨てられました。



政治に無関心な日本人らしい言葉だと思いません?

経済状況って労働者にめちゃくちゃ密接に結びついてる要素ですよね。
一個人でどうにかできるものではない、というのは正論。
でも一人一人が意識しなければ社会は衰退していくものでしょう。


経済のみならず社会保障や労働環境などありとあらゆる事象にも言えることですが、
このような思考停止や無関心が積もり積もった結果、
世界有数の重税国家でありながら福祉や社会保障はお粗末になり、
低賃金でありながら長時間働かされるという今の日本ができてしまった、
ということは理解して頂きたいものです。





無職は恥ずべきこと?


当然、言われました。


我が国では無職とは犯罪者に等しい扱いですからね・・・。
言いたいことは分かります。

でも待遇が悪い、仕事が合わないetc...などの理由で仕事辞めて別の生き方を目指す。
当たり前のことだと思うんですけど、この国では何故それが認められないのでしょう。

勿論、誰かの脛かじりながらずーっと無職ってのはどうかと思うんですけど、
今現在の境遇を変えるためだとか、過酷な労働で心身やられたから少し休みたい、
とかで一時的に無職になるぐらい、全然ありだと思うんだけどなぁ。


オーストラリア人の友人は30代後半にしてスキルアップしたいということで、
必要な学位を取る為に退職し、学校へ通い直していました。

日本でこんなことやったら頭おかしいと思われるでしょうね。
でも向こうでは全然珍しいことじゃないそうです。



結局、仕事を辞めることは悪だとか、
新卒で入った会社に一生尽くすのが美徳なんて考えが未だ蔓延しているから、
世間からブラック企業が絶えることもないんですよ。

逃げるのは悪、逃げられないという意識を皆植え付けられているから、
悪徳経営者が労働者に好き勝手できちゃうんですよね。




まとめ


親子とはいえ幼い頃から馬が合わない。
今回話してみて、それが改めて浮き彫りになったように思います。


私は一人で何とかしたいので家を出ていきたいと何度も、
そして今回も伝えたのですが、都度引き留められます。
余分に生活費もかかるし、結婚もしてないんだから、実家にいればいいじゃないかと。

その話を出す度に、そんなに居心地が悪いのかと喧嘩になりそうになるので、
無理矢理出ていくとそのまま縁が切れることになりそうな感じなんですよね。



まあ、凄く心配してくれているのも、自分が親不孝だってのも理解はしているんですよ。
兄も弟も優等生タイプなのに兄弟の中で私だけ変わってるから、
昔からいらぬ気苦労をかけ続けていることは分かってます。




無賃労働だとかの”日本社会の理不尽”に黙って従える人が皮肉でなく、
本当に心の底から羨ましいんですよね。
この国ではそう割り切って生きられる方がずっと楽でしょうから。

でも私にはそういう生き方はできません。
労働環境も政治にも納得はできませんし、それらにNoを突きつける意味でも、
自分なりの幸せを見つけるためにも色々足掻いてみようと思います。


なので今後も迷惑はかけるのでしょうが、いつか自力で幸せをつかみ、
何かしら孝行はしたいなと思っています。

性格合わないし、他の兄弟に比べて小さい頃から露骨に扱いが悪かったり、
色々含むところはあるのですが両親には感謝はしていますからね。



いつか、この選択をして良かったと胸張って報告できるようになりたいものです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/12/24 07:37 ] 人生 | トラックバック(-) | コメント(-)